みんなが知りたいリアルな声をお届け中!

8年間にわたるモニタリング結果を、OryzaJapanが運営する教育現場から、
創業39年の学習塾、7年の通信制高等学校、8年の有料自習室をメーンに、自社製品である自習机
ブースの体験結果から失敗談や成功例をリアルにお届けします!
今後も新規モニターを募集し配信いたします!

はじめに)
販売開始時、自習机ブースの認知度、重要性は低く、自習机ブースの重要性を知るために始めたモニタリングですが、今では、自習机ブースの重要性を感じこのモニタリング結果を多くの教育機関の皆様へご提供することで少しでも皆様のお役にたつ事が出来ればと思います。



 みんなのリアルな声
只今、リアルな声 ページ準備中に付き情報提供まで今しばらくお待ち下さい。

 有料自習室 LINEが大活躍 再契約者・再利用者続出!

 直営店舗)東京都 有料自習室
LINEを使って利用案内や、お問い合わせ回答、簡単な受付まで対応しています。LINE機能の
タイムラインを使って月のイベント情報や緊急のご案内などの情報をUP!

その他、クレームなどの問題を即時に解決できるので利用者様も安心して利用する方が増えました。またタイムラインなどの情報を通じて、再契約、再利用率が増加。LINEやSNSの対応は、リアルタイムでコミュニケーションが図れると好評です!今では役600人以上の利用登録者がいます。


POINT)
LINE登録をするようなサービス提供が重要。



 学習塾・予備校  リピーター率が一番高いデスクは? 10cmのデスク幅で迷いは不要!

 ご購入者様) 進学塾・個別指導塾・大学受験予備校・高校様、他

大学受験をメインにした塾、予備校などで、幅800、900サイズを購入されたお客様からの1番リピーター率が高いのは、幅700サイズ。実際に使用して900サイズまでは必要性は低く、800と700サイズの使用上の差異はまったく感じられない。さらに700サイズは席数をとれるといった理由からリピーター率が非常に高い。


POINT)
10cmの幅はかわらない。リピーター率No,1は幅700デスク。


 有料自習室 スポット利用者数を増やし、売上UPに繋げた1つの事例

 直営店舗)東京都 有料自習室
スポット(単発で利用できるシステム)
利用者数が少ない店舗の改善を図るために、まず1つに現在設備に入れている安価なデスクの設備をやめて月額利用のデスクと同じくらいのクオリティのデスク導入しました。その結果売上がのびました。

 


実際にスポット利用をいただいたお客様からのメッセージを掲載させて頂いております。

POINT)
スポット利用者がお得感を感じられるサービスの提供が集客UPにつながった。

またイメージUPにもつながり女性客層が増加した。

 


 有料自習室 席の回転数を30倍以上に上げて売上UPを図った1つの事例

 直営店舗)東京都 有料自習室
実際の自由席数から約30倍以上の利用者数を増やすことで、回転率を上げ売上UPにつながりました。
例)自由席数:12席 1ヶ平均月自由席会員数:30人 1ヶ月平均スポット利用数:150人以上


POINT)
指定席は多めに、
自由席は席数を少なく、平均的に約30倍以上の回転率を上げる事ができる。

 


 有料自習室 中間シートは失敗?! 失敗談の事例

 直営店舗)東京都 有料自習室
運営システムを組む際、エコノミー(自由席)
➡ビジネス(指定下位席)➡ファースト(指定上位席)といった選択肢でビジネス=中間シートの設定はまったく
契約がなく結果失敗。違うシートに変更することも難しいシートである。


実際の中間シート

POINT)
シートの設定は分かりやすく中途半端な契約シート(中間シート)
はいらない。

 


 学習塾 驚きの2時間集中

直営校舎)埼玉県 学習塾
 自習室の机を平机からブースへ変更したら生徒がやる気になった。

POINT)*塾長からの声
授業がない日や授業が早く終わった時に、自主勉にやる気がでる!保護者も喜ぶ!
家ではまったく勉強しなかった子供が、塾の授業がない日も進んで塾に行き勉強するようになったと塾生の保護者からお礼の言葉をいわれました。勉強できる環境を整えてあげる事の重要性を再確認しました。


  生徒がかわった!